中古車 自動車ローン(カーローン)

中古車をローンで購入する時の流れとポイント

更新日:

ミニカーと契約書と印鑑

現金で購入できれば、それに越したことはありませんが、中古車といえども、クルマは高い買い物です。

ローンを組んで購入される方も、多いことでしょう。

車を購入する時には、新しく買う車の値引きやサービス品に目が行きがちですが、ローンを何処で組むか、によって総支払額は大きく変わってきます。

また、中古車をローンで組むには特に気を付けるべきポイントがあります。

今回は、中古車をローンで購入する時の流れとポイントについて解説してゆきます。

中古車のローンを組む流れと手順

まずは用意できる「頭金」を考える

購入する中古車にたいして、「頭金をいくら用意できるか」を決めておきましょう。

頭金が多いほどローンの総支払い額は少なくなりますし、審査もゆるくなります。

逆に高額な中古車をフルローンで購入すると、毎月の支払いも大変ですし、ローンの審査に通りにくくなります。

できれば頭金は多く用意したいものです。

でも、無い袖は振れないですよね。

もし、今回の中古車購入が、今乗っている車の買い替えであれば「頭金を増やす方法」があります。

それは、今乗っている車を最高額で買い取ってもらう事です。

車の査定には定価はありません。査定する側の、いわば「言い値」です。

車種にもよりますが、お店によって査定額が30万円以上の差が出ることもあるのです。

ですので、複数の買取専門店から見積もりをももらうようにしましょう。その中から最高額のお店を選ぶべきです。

でも、何件もお店を回って見積もりをもらうのも大変です。時間も労力もかかります。

こちらのサービスを使えば、自宅から簡単な一度の入力で複数の買取専門店に見積もりを依頼できます。

かんたん車査定ガイド

入力後、すぐに愛車の買取相場も教えてくれます。買取相場を知っておけば、安く買いたたかれることも防ぐことができます。

愛車が30万円高く売れれば、頭金が30万円増えたのと同じことです。

少し話がそれましたが、中古車ローンを組むには、頭金をいくら用意するかを決めておきましょう。

欲しい中古車の見積もりをもらう

次に具体的に欲しい車を絞り込みましょう。

「どんな車にしようかな♪」

車選びは、一番楽しい時間ですよね。

中古車は新車と違って、同じ車が2台とはない1点ものです。車選びの際にも機を付けるべきポイントがあります。

中古車を初めて購入するときの注意点とは?

実際に車を絞り込んだら、見積書を必ずもらいましょう。

中古車購入には、車両価格以外にも諸費用が結構かかります。車検がついていない車なら更にお金が必要になります。

口頭ではなく、きちんと見積書をもらって「総額」「内訳」を良く確認するようにしてください。

総支払額-頭金=ローンを組む価格になります。

何年でローンを組むか?どこでローンを組むか?を考える

ローンを組む価格が決まれば、後は何年でローンを組むか、という事になります。

ローンの支払い回数(年数)は、短ければ毎月の支払いは高くなり、長ければ毎月の支払い金額は少なくなります。

支払い回数(年数)が長いほど、金利を多く支払う事になります。

では、それぞれのカーローンについて見てゆきましょう。

信販系カーローン(ディーラー・中古車販売店)

ディーラーや中古車販売店が用意しているのは「信販系」の自動車ローンです。正確にはローンというよりは「クレジット」になります。

メリット

・審査が比較的緩い

・審査に要する時間が短い(最短で30分~1時間)

・車の購入と窓口が同じなので手間がかからない

・土日・祝日でもOK

デメリット

・金利が高い(特に中古車の場合は7%~12%くらいと高め)

・ローンの支払い回数(年数)は7年以内までと短め

・車の所有権は自分ではなく信販会社

労金・JAのマイカーローン

メリット

・金利が安い(労金3%前後、JA4%前後 2018年10月 当サイト調べ)

・銀行、信金に比べると審査は緩め

・ローンの支払い回数(年数)は10年以内と長め

デメリット

・信販系よりは審査、前提条件が厳しい

(JAマイカーローンは前年度税込年収:200万円以上、勤続年数:1年以上)

・来店が必要なケースもある

銀行・信金

メリット

・金利が安い(新車でも中古車でも同じ金利 1.7%~4%くらい)

・車種が決まらなくても見積書で審査が可能※事前に審査に申し込める

・車の名義は「自分」

・保証料がかからない

デメリット

・融資までに時間がかかる(1週間くらい)

・審査は厳しめ

自社ローン

自社ローンとは、信販会社などを通さずに中古車販売店が独自に分割払いを受け付けてくれるローンのことです。

これは少し特殊なローンですので注意が必要です。上記のどれも審査が通らなかった場合の最後の手段とした方がいいです。その理由をお伝えします。

自社ローンは「金利0円」というのが売り言葉です。

「じゃあ、得じゃん!」と思ってはいけません。

金利を付けてお金を貸すには、貸金業務取扱主任の資格が必要です。

自社ローンを提供するお店にはその資格が無いのです。金利をのせることができない、というのが実情です。

でもタダでお金を貸すお店はありません。

車両価格に必ず金利分がのっています。しかも相当高額な金利です。

ブラックの方もOK、と広告でうたっているお店もあります。これは中古車販売というより高利貸という感じもします。

個人的にはオススメはできません。

指にかかれたビックリ顔

金利はやっぱり大事

自動車ローンの金利は、やっぱり重要です。

とえば、300万円の車を返済期間5年で契約した場合、以下のようになります。

適用金利 返済目安(月) 総返済額 利息
7.0% 59,404円 3,564,212円 564,212円
6.0% 57,998円 3,479,909円 479,909円
5.0% 56,614円 3,396,822円 396,822円
4.0% 55,250円 3,314,968円 314,968円
3.0% 53,906円 3,234,367円 234,367円
2.0% 52,583円 3,154,998円 154,998円

金利が2%と7%では、支払い払総額で40万円以上の差がつくのです。

金利が低い銀行系カーロンの申し込みは、中古車販売店の窓口で行うよりも少しだけ手間はかかりますが、それで40万円の差がつくなら使ってみるべきです。

事前に、申し込みだけでもしてみることをお勧めします。

中古車をローンで購入する「まとめ」

自動車ローンは「金利」が違うと支払総額が大きく違う

少しの手間を惜しまずに、金利の低いところから申し込む

車の買い替えであれば、今乗っている愛車を高く売る

そうすると「頭金」が増えたことと同じ

おすすめ記事

人差し指を立てる男性 1

そろそろ車買い替えようかな~? そんな思いがよぎったら、しておくべきことがあります。 それは、愛車の最新の査定相場を知る、ということです。そうしないと、買い替えのお金の準備もできません。 車の査定価格 ...

下取りvs買取 2

車を買い替えるとき、それまで乗っていた愛車はどうされますか? 新しく車を購入するディーラーで「下取りに出す」、という方が結構いらっしゃいます。 これまでは、大半の方がそうされていました。 でも実はこれ ...

車買うなら何月 3

車を買い替えるとなると、まとまったお金が必要になります。 できるだけ「値引き」が大きい時に買い替えたいものですよね。 一年の中で値引きが大きい月って、何月なのでしょうか。値引きだけではなく、税金のこと ...

自動車保険 4

車の保険には、「自賠責保険」と「任意保険(自動車保険)」があります。 強制保険である自賠責保険の加入は義務ですが、自動車保険は任意です。 とはいえ、自動車保険は車を運転する上では、ある意味「必須」の保 ...

カーローン 5

車は高い買い物です。キャッシュで払えればいいですが、ローンを組んで購入される方も多いですよね。 マンションや家を買う時には、ローンの金利は0.1%単位で気にしますが、車のローンの金利についてはどうでし ...

-中古車, 自動車ローン(カーローン)

Copyright© 車買い替え【カーリプレ】 , 2020 All Rights Reserved.