ナンバープレート

自動車のナンバープレートに「こだわり」はありますか?

気に入ったナンバーだと、車を買い替える際にも「そのまま」引き継ぎたいですよね。

また、好きなナンバーにするにはどうしたら良いのでしょうか?

今回は「車のナンバープレート」についてのお話です。

全く同じナンバープレートは引き継げない

今つけているナンバーと「全く同じ」ナンバーは、車が変わると付け替えることはできません。

新規に、ナンバープレートを取得することになります。

これは法律で決まっているので、どうしようもありません。

4桁の番号は好きなものを選ぶことができる

地名やその横にある数字は選ぶことはできませんが、一番大きな数字は好きな数字を選ぶことができます。

これは、「希望ナンバー制」と呼ばれるもので、普通車が平成11年5月、軽自動車が平成17年1月から開始されました。

どうやって希望ナンバーを申請するの?

希望ナンバーの申請は、国土交通相が管轄する所定の支局で直接行う事ができます。

また、インターネットからの申し込みが可能なので、今はパソコンから行うのが一般的です。

一般社団法人全国標板協議会のサイトから申し込むことができます。

希望番号申し込みサービス

希望ナンバーを申請する際は、いくつかの注意点があります。

人気の集中する番号は抽選となるため、必ず取得できるとは限りません。

抽選ナンバー

すでに上記は人気が集中しているので、コンピューターによる抽選制となっています。

どれくらいで取得できるの

希望ナンバーは、受注生産です。申請されてから製造されるため、早くても入手できるのは4営業日後です。

余裕をもって申請しましょう。

基本的には購入先のお店に任せる

好きな番号がゲットできても、その後は

・ナンバープレートの交付可能期限内にナンバープレートを管轄する運輸支局で希望番号予約済証を入手する

・車の登録を済ませ新しいナンバープレートを取り付ける

といった作業が必要になります。

購入店でやってもらってょうが簡単です。(若干の手数料を取られるケースもあります。)

ポイント

ナンバープレートも気になるがもっと重要な事がある!?

車のナンバープレートも気になりますが、実はもっと重要な事があります。

それは、愛車の査定価格です。

中古車は同じ状態の車が2台と無いため、標準価格はありません。

そのため、査定するお店によって価格は随分かわってきます。

車種によっては30万円以上の差が出るケースも少なくありません。

これは、査定するお店の性質というか得意分野が異なるからです。

例えばディーラーは新車を売ることが本業で、車の下取りはあくまでも「付帯業務」です。

他と競ってまで、下取りをしようとはしません。

一方車の買取専門店は、車の買い取り=「仕入れ」ですので、自社が欲しい!と思った車は他に負けないよう高値で買い取ります。

ですので、車の買い替えで重要なのは「いかに高く車を手放すか」ということです。

1社だけの査定で手放すと、愛車を安く買い叩かれることになってしまいます。

でも何件もお店を回るのも大変ですよね。時間もかかってしまいます。

こちらのサービスを使えば、1度の簡単ね入力で最大10社に見積もりを依頼できます。

かんたん車査定ガイド

同時に、愛車の概算お買取価格(相場)を教えてくれます。

あらかじめ相場を知っていれば、実際の査定価格の判断基準にもなるので安心です。

無料ですので、是非一度使ってみてください。

ナンバープレート豆知識

ナンバープレート上段「分類番号」にアルファベット導入

これまでは、地名の右側は数字の表記でしたが、2018年1月からアルファベットが入るようになりました。

これは、「希望ナンバー制」で特定の番号に人気が集中し、上段に記される「分類番号」を使い果たしたためです。

そういえば最近のナンバーは、希望ナンバー制で取得したと思われる番号が本当に多いですよね。

ちなみにアルファベットは数字と間違いやすい「B(8と間違えやすい)」などは使わないようです。

ナンバープレートカバーの装着は禁止!

2016年4月からナンバープレートカバーの装着が禁止なりました。

汚れの防止やファッションで装着している方もいるのでは?

透過率が高い低いの関係なく、すべてを被覆する行為が禁止の対象となっています。

後付できるフレームについては、「番号を被覆せず、自動車の運行中番号の判読ができるもの」であるとされています。

ナンバープレートには、あまり手を加えないほうがよさそうです。