中古車

未使用車(新古車)を賢く探す方法

更新日:

新車

「未使用車」ってご存知ですか?

正式には「届出済未使用車」といいます。なんだか難しい言葉ですね。

未使用車は、新車を名義登録だけをした状態の車で、ほぼ新車と同様の車です。

「新古車」とも呼ばれている事もありましたが、新車と間違う可能性があり紛らわしいので今は新古車という表記での販売は禁止されています。

なぜ未使用車が存在するのか?

この答えは、新車を販売する自動車業界の仕組みにあります。

新車の販売ディーラーは自動メーカーに対して年間の販売計画を立てます。メーカーも年間の販売台数に対して報奨金の金額を設定します。

つまり、「年間○○台販売してくれたら○○万円報奨金をあげますよ」ということです。

ここで言う販売とは、実際に陸運局に登録(ナンバープレートが付くこと)されて初めて販売台数としてカウントされます。

目標台数まであと少し!というときは、自社で購入し登録までして報奨金をもらうほうが”得”な場合があるのです。

でも在庫で持っていても、お金には変わりません。

すぐに売ってしまいたいのですが、さすがに新車の横に未使用車を店頭に並べるわけにもいかないですよね。

みんな未使用車を買ってしまいます。

そこで半年位までの期間を車庫で保管します。そのあとに店頭やオークションなどで売ってしまうのです。

こうして、未使用車は市場に流通されるのです。

お買い得な未使用車を探してみる

メリットとデメリット

未使用車のメリット

車両価格が安い

新車と比べるとやっぱり未使用車は安いのが魅力です。当然新車としては販売できない表示価格を下げて販売します。

車種にもよりますが、10%~15%ほど安く設定されている車が多いです。

税金もお得

新車を購入すると「重量税」がかかりますが、未使用車はすでに登録時に支払われているので必要ありません。次の車検まで払う必要がないのです。

軽自動車の重量税は安いので、メリットと言う点では少ないかもしれません。

また、自賠責保険もすでに支払い済みですので、負担が少なくなります。

※ただし、この税金関連については購入店により請求してくるケースもあります。事前に確認をして下さい。

納車までの期間が短い

新車を注文した場合は約一ヶ月、オプションによってはそれ以上かかることもあります。

人気車種の場合は、納車まで「半年待ち」なんてケースもあります。

未使用車の場合は、すでに登録は終わっていますので、必要なのは名義変更と納車前の簡単な点検・整備位です。

2週間もあれば納車されます。

お買い得だが、デメリットもある

とってもお買い得な未使用車ですが、デメリットもいくつかあります。

・好きなボディカラーや装備を選べない(流通在庫から選ぶことになる)

・メーカーオプションをつけることができない(ディーラーオプションは可能)

・次の車検までの期間が短い

といったところです。

sold out

未使用車は人気があるので「すぐに売れてしまう」

ここまでのメリット、デメリットを比べてもやはりお買い得な未使用車は人気があります。

特に人気車種は店頭やホームページに掲載されると「あっという間」に売れてしまいます。

人気の未使用車を上手に探す方法

では、実際に未使用車を探そうと思ったらどうすれば良いのでしょうか?

実店舗を自分の足で探すのも、なかなか大変です。お目当ての未使用車が店頭にあるとも限りません。

今は、インターネットで探すことが一般的ですが、

実はインターネット上に掲載されている中古車情報は全体の約30%に過ぎません。

残りの70%は「非公開車両」なのです。

人気車種は公開されると、すぐに売れてしまいます。

「横浜市 未使用車」とか「ワゴンR 新古車」など、地域や車種で検索する方も多いですが、実際は全体情報の30%の中から探しているのです。

ですので、この非公開の情報をGETできれば他の人よりも有利に人気の未使用車を探すことができます。

では、非公開の情報をどうすれば得ることができるのか?

こちらのサービスを使えば無料でゲットできます。

非公開車両からお買い得な未使用車を探してみる

その他要望欄に「車種○○の未使用車でお願いします」と記入しましょう。

相談だけでもOKですので、是非一度使ってみてください。

大変?

未使用車(新古車)は値引きできるの?

車を買うときに、「値引き」は気になりますよね。出来れば最大の値引きを引き出したいものです。

新車の購入であれば、競合車種や他の販売店の見積もりを引き合いに、ディーラーと価格交渉することは可能ですし、みんなそうしています。

でも未使用車の場合は、先ほどからお伝えしているように情報が出ればすぐに売れてしまうことも良くあります。

また、販売価格を新車よりも安く設定しているので、値引きはほとんどありません。

値引き交渉している間に売れてしまった!となってしまう可能性も高いのです。

ですので、未使用車に買い替える場合は「これだ!」と思った車に出会えれば、即決する方がいいですね。

ただし、今乗っている車の手放し方には注意が必要です。

なぜなら、車は査定する側のある意味「言い値」だからです。

同じ車でも、お店によって20万円以上の下がつくことは、ザラにあります。

こんな感じです。

ですので、来るの買い替えなら、絶対複数のお店から見積もりをとるべきです。

でも1件1件お店を回るのも大変ですよね。時間も労力もかかってしまいます。

こちらのサービスを使えば、1度の簡単な入力で複数の会社に見積もりを依頼できます。

最短30秒で入力完了!愛車の最高価格が分かる♪

簡単な入力後、愛車の最新の査定相場も教えてくれますよ。もちろん無料で利用できます。

おすすめ記事

人差し指を立てる男性 1

そろそろ車買い替えようかな~? そんな思いがよぎったら、しておくべきことがあります。 それは、愛車の最新の査定相場を知る、ということです。そうしないと、買い替えのお金の準備もできません。 車の査定価格 ...

下取りvs買取 2

車を買い替えるとき、それまで乗っていた愛車はどうされますか? 新しく車を購入するディーラーで「下取りに出す」、という方が結構いらっしゃいます。 これまでは、大半の方がそうされていました。 でも実はこれ ...

車買うなら何月 3

車を買い替えるとなると、まとまったお金が必要になります。 できるだけ「値引き」が大きい時に買い替えたいものですよね。 一年の中で値引きが大きい月って、何月なのでしょうか。値引きだけではなく、税金のこと ...

自動車保険 4

車の保険には、「自賠責保険」と「任意保険(自動車保険)」があります。 強制保険である自賠責保険の加入は義務ですが、自動車保険は任意です。 とはいえ、自動車保険は車を運転する上では、ある意味「必須」の保 ...

カーローン 5

車は高い買い物です。キャッシュで払えればいいですが、ローンを組んで購入される方も多いですよね。 マンションや家を買う時には、ローンの金利は0.1%単位で気にしますが、車のローンの金利についてはどうでし ...

-中古車

Copyright© 車買い替えポータルサイト【カーリプレ】 , 2019 All Rights Reserved.