未分類

車の買い替えで、愛車を手放すのはやっぱり「悲しい」

更新日:

キーを手渡す写真

そろそろ車を買い替えようかな?

皆さんはどんなタイミングで浮かんできますか?

  • 年式が古くなった。
  • 走行距離が10万キロを超えた。
  • 故障が多くなって修理代がかさむ。
  • もう、飽きた。

など、色々な理由がありますよね。

そして、「よし!買い替えよう」と思ったら、新しく買う車のことで頭はいっぱいになります。

  • どんな車にしようかな?
  • 今度はミニバンで家族でキャンプに行こう!
  • オプションは何をつけようか。

など、ワクワクしますよね。

そななれば、これまで乗ってきた愛車のことはあまり考えなくなっています。当然といえば当然です。

でも、実際に愛車を引き渡す瞬間は結構、寂しい、悲しい気持ちになるものです。実際私もそうでした。

車は、ある意味人生を共に過ごした仲間のようなものですから。これまでの愛車との思いでが、瞬時にいくつも浮かんできます。

後で後悔しないためにも、「手放す愛車にどうお別れをするのか」、について解説してゆきます。

愛車にとって一番悲しいのは、安く買い叩かれること

これまで大切に乗ってきた愛車。思い出がいっぱい詰まっている愛車。

その愛車にとって、一番悲しいことは「安く買い叩かれる」ことです。

実際に中古車市場には「相場」というものは存在しますが、消費者にはわかりずらいのです。あなたの愛車は適正な価格がついていますか?

この記事を読まれている時点で、すでに愛車の査定価格は出ているとは思いますが、車の査定額はお店によって大きくバラツキがあります。

すでに契約をしている方は仕方ありませんが、まだであれば、愛車の相場はキチンと把握しておくべきです。


最短30秒で入力完了!愛車の最高価格が分かる♪

そうでないと、本当は相場では120万円の査定なのに、下取り価格は90万円だった!なんてことはしょっちゅうあるのです。

写真を残しておく

ドライブに行ったり旅行に行ったとき、風景や旅館、料理などを写真にとる方は多いですね。

SNSをされている方はなおさらです。中高年の方でも、デジカメで写真を撮るのが趣味、というかたもかない多いです。

でも、愛車と一緒に写真を撮ってる方は、非常に少ないです。

よほどの車好きであれば、車は必ず写真におさめますが、一般ユーザーであれば、なかなか車の写真をとる機会はないのでしょう。

自分のクルマにカメラを向けている姿も、なんだか少し照れ臭い、という思いもあります。

私も若いころは車をいじるのも好きでしたので、結構写真は撮っていましたが、最近はほとんど景色や同行者の写真ばかりです。

ですので、車を手放すことが決まってからでも遅くはないので、写真を撮っておきましょう。悲しみや寂しさが後からわいてきた時に、写真があればいやすことができます。

写真は全体を1枚に納めるのはもちろんですが、

・スピードメータ周り:何万キロ走ってくれたか思い出せる

・内装:家族と過ごした車に空間もいい思い出に

・車についているキズ:あの時、ぶつけてしまったな~

など、細かい部分も撮っておくといいですよ。後で見ても、色々と思い出せることが多くなります。

洗車

感謝を込めて洗車

手放す車を奇麗にしなくても、という方もいらっしゃるでしょう。

でも、私は長く共に過ごしてきた相棒だと思っていますので、できるだけキレイな状態で引き渡すようにしています。

ドロドロの状態で愛車を見送るのは、もっと悲しい気持ちになってしまいます。

  • 始めてこの車のハンドル握った時のこと
  • 深夜に子供を病院に連れて行ったこと
  • 家族で楽しい旅行に行ったこと
  • 一人で車の中で考え事をしていたこと

奇麗になれば、離れる寂しさも膨らみますが、色々な事を思い出しながら感謝を込めて洗車します。

ラストラン

特にお気に入りの場所に、ラストランに出かけるのもおススメです。

私も以前乗っていたステップワゴンを手放すときは、若いころ趣味でよく行ってた海にサーフィンに出かけました。

前の晩に到着し、後部座席をフラットにして車内泊をしました。「昔はよく来たな~」ど懐かしい気持ちでいっぱいです。

引き取られた愛車はどうなるのか?

下取りや買取で値段(査定)がついた車は、基本的に中古車として再販されます。

どんな人が乗り継いだのか?

気にはなりますが、これは知る術がありません。

「もう走車ですね」といわれると悲しい気持ちになりますが、実は海外に輸出され、元気に走っていることもよくあります。

この場合は、本来査定がつくべきですが、年式が古い車や走行距離の多い車は、「廃車ですね」といわれると「仕方ないか~」とあきらめてしまうのです。

車の買い替えで「廃車ですね」と言われたら、すべきことはコレ!

まとめ

長年乗ってきた愛車を手放すのは、誰でも寂しいものです。

でも新しい車が納車されると、結構早く忘れてしまうものです。同じ車種の車とすれ違ったりすると、ふと思い出すこともありますが。

後悔しないためには、

・写真を取っておく

・奇麗にしておく

・ラストランに出かける

・時々思い出さしてあげる

・安く買い叩かれない

ということですね。

車の買い替えを考えだしたら、まずは愛車の相場を正しく知るべし!

 

 

おすすめ記事

人差し指を立てる男性 1

そろそろ車買い替えようかな~? そんな思いがよぎったら、しておくべきことがあります。 それは、愛車の最新の査定相場を知る、ということです。そうしないと、買い替えのお金の準備もできません。 車の査定価格 ...

下取りvs買取 2

車を買い替えるとき、それまで乗っていた愛車はどうされますか? 新しく車を購入するディーラーで「下取りに出す」、という方が結構いらっしゃいます。 これまでは、大半の方がそうされていました。 でも実はこれ ...

車買うなら何月 3

車を買い替えるとなると、まとまったお金が必要になります。 できるだけ「値引き」が大きい時に買い替えたいものですよね。 一年の中で値引きが大きい月って、何月なのでしょうか。値引きだけではなく、税金のこと ...

自動車保険 4

車の保険には、「自賠責保険」と「任意保険(自動車保険)」があります。 強制保険である自賠責保険の加入は義務ですが、自動車保険は任意です。 とはいえ、自動車保険は車を運転する上では、ある意味「必須」の保 ...

カーローン 5

車は高い買い物です。キャッシュで払えればいいですが、ローンを組んで購入される方も多いですよね。 マンションや家を買う時には、ローンの金利は0.1%単位で気にしますが、車のローンの金利についてはどうでし ...

-未分類

Copyright© 車買い替えポータルサイト【カーリプレ】 , 2019 All Rights Reserved.